お砂糖が金銀と同じくらい高価で貴重だった時分、
身分の高い人たちだけが、その美味を味わうことができました。
お砂糖を煮詰めてつくるキャラメルは、最初は砂糖を焼いたキャラメルソースだったといわれます。
「神々の食べもの」といわれたチョコレートも、やはり高貴な人たちの、最初は飲みものでした。

キャラメルとチョコレートという、考えてみればなんとも贅沢な取り合せ。
さらに、ゆるやかなキャラメルソースがチョコレートの中からとろけてくる…
この発想はありそうで、実はあまり世の中にはありませんでした。
これをさくりと軽いクッキーで挟みますと、幾重にも複雑なおいしさが現れてきます。

“とろり”と“さくり”をやわらかにチョコレートが結ぶと、キャラメルのまろやかさが際立ちました。
お口の中で広がる新しい世界、 「キャラメルウィッチ」。 東京で生まれた新しい味です。

BRAND

COMPANY

社名
テラ・コンフェクト
代表
古内章夫
所在地
〒106-0031
東京都港区西麻布3丁目20−16